ATELIER CU.  architect office
COLUMN

設計事務所の様々な業務

依頼者からのニーズは少しずつ変化しており、それに合わせて私たちも様々な業務を行なっています。

設計業務以外にも、建物のコンサルティングに関わるお仕事もあり、その場合は設計図は描きません。

昨年はこのような図面を描かない業務が何件かありました。

例えば、既存建物の袖看板をリニューアルする工事のコンサルティングを行いました。それは小さな設計事務所が行う業務とは思えないかも知れませんが、その看板を支える建築側の状況を調べたり、看板の工作物申請をすべきかどうかなど判断したり、建築設計に携わるものが各専門分野をまたぐような業務なのです。

そしてこのような工事に関して、誰に相談したらいいのか分からないという方を多くお見受けしました。世の中にはそれぞれ専門業者がいますが、実はそれ以外は門外漢。そして自分の業務の範疇であっても、いつもやってること以外は出来ないと言うケースもよくあります(先日Aメーカーの樋はつけられるけど、Bメーカーのはつけたことがないので出来ないと言う屋根屋さんに会いました。屋根屋なのに樋がつけられないなんて・・・)。

設計事務所はそれらの業務を横断して客観的に判断します。それにより工事費の適正化、工事内容のクオリティーも担保できます。そして何よりも良いことは、デザインができると言うことに尽きます。

 

看板の交換にデザインは要らないと思われるでしょうが、図面を描いて、出来上がりをお客様に事前にお伝えしたり、どのようなバランスが一番良いのか検討したり、配線などの処理はどうしたらキレイに見えるのかなど、事前に検討することで、行き当たりばったりな仕事にはなりません。

美しくデザインし納まるように考えたり、省エネを検討したり、キャッシュフローを踏まえリノベーションしたり、設計事務所ならではの業務がとても重要になると思います。

 

私は毎年年始には、これから始まる一年、どのような仕事をしようかと考えます。

新築物件のお仕事がメインではありますが、今まで様々な用途の新築物件を設計し、そのメンテナンスなどのお手伝いをした経験を生かし、既存建物のリニューアルや、建物の長寿化をデザインと共に提案できる設計事務所になりたいと思いました。

 

本年も引き続き宜しくお願い申し上げます。

アトリエシーユー

代表 竹石 明弘

Instagram
大田区, 東京都, JPのHouzz登録専門家竹石 明弘